塩焼きブログ

塩焼きに関しての研究内容を公開しています

Dell XPS 13 9370にUbuntu 18.10とWindows 10をデュアルブートさせて入れる

Windowsでしかできない作業(特殊なスキャナーとかプリンターなど)があります。Linux上の仮想マシンにWindowsを入れても画面への出力に問題などがあり、やはり直インストールしたほうが安定します。Windowsマシンを組み上げるのが最も楽で安定しますが、滅多に使わないWindowsのために場所取るのも嫌なのでノートPCにデュアルブートするのが理想です。

ただ、わかってしまえば何てことはないですが、様々な障害にぶち当たり1日無駄になりました。

※UbuntuのインストールについてはUbuntu 18.10をLUKS暗号化してインストールするにまとめたので参考にしてください。この記事ではこの作業の続きについて解説しています。

BIOSアップデート後はDELL付属のWindowsが利用できなくなる

まずはじめにDELLのPCには工場出荷状態にする仕組みがあり、それによってWindowsをクリーンインストールする機能があります。

工場出荷状態で復元したWindowsは使えない

IMG_20190119_204611.jpg

UbuntuはSATAコントローラをAHCIにしなければ動作しないがDELL付属のWindows(DELLのサポートアシスタントで復旧できるイメージ)は昔は問題なかったがBIOSを最近アップデートしてからは、SATAコントローラをRaidにしなければいけなくなった。UbuntuファーストなのでWindowsを起動するためにSATAコントローラを変更するつもりはないので正確には未検証。

Windowsを自力で新規インストールすると問題ない

解決策としてはWindowsをDELLの復旧オプションを使わずに自力でインストールすること。この時WindowsのDSP版でもいいのでOSを別途購入しなければいけないと思います。DELLのライセンスキーって使えるのかね。(自力インストールの場合はDell Mobile Connect Driverを入れないとかなんとかだが、一通り動いていたので気にしていないが、後で読んで追記します。)

UEFI Boot USBを作成してWindowsを自力インストールする

DELL XPS 13 9370ではUEFI Boot USBでなければインストールできない。つまり、Windowsからダウンロードしてきたisoイメージをsudo dd if=~/Downloads/Win10_1809Oct_Japanese_x64.iso of=/dev/sda bs=1048576するだけではだめで、デバイスをFAT32でフォーマットしたあとに下記のような手順でisoファイルをシステムにマウントし中のデータをコピーする必要があります。

sudo mkdir /media/cdrom
sudo mount -o loop -t udf,iso13346 ~/Downloads/Win10_1809Oct_Japanese_x64.iso /media/cdrom

GUIでドラックアンドドロップでコピーでも良いが、CLIでやるなら以下のような感じ。 

rsync -ahvz --progress /media/cdrom/ /media/user/windows

コンピューター起動時にGNU GRUBが立ち上がるようにする

GNU GRUBはデュアルブートする時に便利なブートローダでUbuntuを入れると最初から入ってくると思います。これのおかげでコンピューター起動後はOSを選択して起動することができるのですが、Windowsをインストールすると(DELLの復旧オプションを使っても同じ)Windows Boot Managerが先に起動し、Windows以外のOSを起動するには起動直後にF12を連打する必要があるという、Microsoftファーストな状態になります。

Boot SequenceにUbuntuが残っている場合

私の場合はWindows以外のすべてのBoot Sequenceが削除されてしましたが、もしかしたら残っている場合は単にUbuntuの優先順位を最上位にすれば良い。

Windows Boot Manager以外が消えた場合

私と同じようにすべて消されている場合は、コンピュータ起動直後にF2を連打しBIOSの設定画面を開き、GeneralのBoot SequenceでAddを選択し、Boot Option NameにはUbuntu、File System ListにはUbuntuがインストールされているはずのパーティションを選択、File Nameには\EFI\ubuntu\shimx64.efiと入力して追加を完了し、最後にUbuntuの優先度をWindows Boot Managerの上に移動し適用をします。

すべて消えてしまったのはBIOSの設定がリセットされたのか、私が誤ってリセットしたのかは不明。

おわり

BIOSの設定をいろいろ変更しながら進んでいったので、いろいろアップデートしちゃったり、最初の設定がわかんなくなったり、BIOSの設定元に戻したのに戻らない項目が出たりと微妙だけど、結果的にほとんどの設定を浅く理解できました。

また後々問題出てくると思うので追記していきます。

でもノートPC一台でWindowsもUbuntuも使えて部屋もスッキリでございます。