塩焼きブログ

塩焼きに関しての研究内容を公開しています

UbuntuでWaylandとXorgを使う

Ubuntu 18.10ではデフォルトではXorgが動いている。一応Waylandはプリインストールされていて、ログイン時の歯車マークから切り替えてログインすることができる。

Waylandで私がおすすめできる機能としては実験的機能であるscale-monitor-framebufferです。Xorgではディスプレイのスケール設定は100%刻みなのに対してWaylandの実験的機能を使えば25%区切りの値が設定できるのです。

gsettings set org.gnome.mutter experimental-features "['scale-monitor-framebuffer']"

しかし、試してみたところ画面がぼやけることがあり実験的機能だけあってうまく動作しないほか、実験的機能を使わなくてもぼやけている箇所があったのでXorgを使うようにしました。

ちなみにわざわざログインし直さなくてもどちらが動いているかはecho $XDG_SESSION_TYPEで調べることができます。Waylandの場合はwaylandと出力され、Xorgの場合はx11と出力されます。

参考