塩焼きブログ

塩焼きに関しての研究内容を公開しています

IntellijでGradleを使ったプロジェクトを作成する

IntellijでGradleを使えるようにする所までを目指す

Gradleのインストール

$ brew search gradle
gradle     gradle110  gradle112  gradle16   gradle18   gradle20   gradle21

今回はgradle21をインストールしてみる

brew install gradle21

IntellijでGradleプロジェクトを実行

プロジェクトの作成は簡単でGradleを指定するだけ。自動的にファイルが生成されるがsrcディレクトリが生成されないので、src/main/javaディレクトリを自分で作ってそこに置いた。

クラスファイルを作成

google-http-java-client を使用するサンプルコードを参考にさせてもらってこんなクラスファイルを設置。

import java.io.IOException;

import com.google.api.client.http.GenericUrl;
import com.google.api.client.http.HttpRequest;
import com.google.api.client.http.HttpRequestFactory;
import com.google.api.client.http.HttpResponse;
import com.google.api.client.http.HttpTransport;
import com.google.api.client.http.javanet.NetHttpTransport;

public class Hajimete
{
    public static void main(String[] args) throws IOException {
        HttpTransport httpTransport = new NetHttpTransport();
        try {
            HttpRequestFactory requestFactory = httpTransport.createRequestFactory();

            GenericUrl url = new GenericUrl("http://www.example.com/");
            HttpRequest req = requestFactory.buildGetRequest(url);

            HttpResponse res = req.execute();
            try {
                System.out.println(res.getStatusCode());
                System.out.println(res.getContentType());
                System.out.println(res.parseAsString());
            } finally {
                res.disconnect();
            }
        } finally {
            httpTransport.shutdown();
        }
    }
}

build.gradleを設定

google-http-java-client 入門 - ひだまりソケットは壊れないを参考にしてbuild.gradleに必要な記述を追加

apply plugin: 'java'

sourceCompatibility = 1.5
version = '1.0'

repositories {
    mavenCentral()
}

dependencies {
    compile 'com.google.http-client:google-http-client:1.19.0'
}

これでメニューからRunを選択して実行すればhttp://example.comの内容が出力されるようになっているはずである。