塩焼きブログ

塩焼きに関しての研究内容を公開しています

JavaScriptのセミコロンの省略

JavaScriptは文を別々の行に記述すればセミコロンを省略できる

(function() {
  var under = 1
  under += 1
  console.log(under)

  setTimeout(function() {
    console.log('Good-bye')
  }, 1000)
})()

セミコロン省略派とセミコロン記述派に分かれる。どちらが正しいというのはないので好みの問題になる。

ただし前の文と次の文の組み合わせによっては2行が1行として処理されてしまったりと余計な気を使う必要があるのでセミコロンを記述する方が手堅い。