塩焼きブログ

塩焼きに関しての研究内容を公開しています

AppleのFaceTimeとiMessageの仕組み

Appleの製品にはFacetimeとiMessageが存在する。これらは利用者が友人の電話番号やメールアドレスなどを意識せずに友人と繋がる事ができる便利な機能である。 今回はFaceTimeのみで検証を行ったが、FaceTimeとiMessageはおそらく似たような仕組みであるため、iMessageも同様の設定を行えば良いと思われる。 このページでは調査した結果を、噛み砕いてまとめているが、公式ではないので詳しくはAppleに直接問い合わるのが良いだろう。

FaceTimeの設定

AppleはデフォルトでFaceTimeを有効にしており、Apple ID (Email)と電話番号でFaceTimeに自動でアクティベートしている。これらの設定を意識して変更していなければ、基本的には自分の電話番号かメールアドレスを知っていればFaceTimeによるテレビ通話を誰でもかけることができる。

FaceTimeで相手に送信される情報

受信した友人には、自分がFaceTimeに設定している電話番号とApple IDが通知される。実際に数パターンで調査した所、電話番号が存在するiPhoneであれば電話番号が、電話番号が無ければApple IDが相手に通知されるようだ。内部的には両方とも送信されているのかもしれない。(後日調査中に相手に通知する際電話番号かメールアドレスを選択できる項目を発見した。)

連絡先に登録されている電話番号かメールアドレスであれば、その連絡先に登録されている名称が表示される。連絡先から削除をすれば、その名称は電話番号かメールアドレスに切り替わる。

FaceTimeは連絡先に登録されている人間でなくとも、自分の電話番号かメールアドレスを知っている人間なら誰でもかけることができるようだ。よって、過去に誰かが利用していた電話番号を利用していれば、知らない人から間違い電話がかかってくるように、FaceTimeのテレビ通話が知らない人からかかってくることもある。

連絡先に表示されるFaceTimeアイコン

電話番号を登録していると連絡先にFaceTimeアイコンが表示される。これは相手がFaceTimeをいつでも受信できるという意味ではなく、FaceTimeでの通話を試すことができるだけ。相手がiPhoneで無いユーザーにFaceTimeで通話を行ってみるとエラーとなる。

このFaceTimeアイコン、表示される条件として電話番号のカテゴリを "携帯" とか "iPhone" とかに設定している時に表示されるようで、試しに "勤務先" とか "自宅" とかに変更してみると消えることを確認した。

広く公開されているメールアドレスをApple IDにする

FacebookGoogle+などでメールアドレスを一般公開しており、そのメールアドレスをApple IDとしていれば、ネットで自分にテレビ通話をしたい人は世界中誰でもかけてくることができる。

一部の友人やプライベートのみでテレビ通話を行いたい人は、Apple IDでのアクティベートを解除し電話番号のみでの受信に限定するか、公開されているメールアドレスでApple IDを作らず、プライベートメールアドレスでApple IDを作れば良いだろう。Apple IDのメールアドレスはいつでも変更することができる。

iPhoneiPadの両方でFaceTimeを受信する条件

iPhoneiPadに同じApple IDでFaceTimeをアクティベートしており、そのApple IDを相手に伝えて、連絡先に登録しておいてもらえれば、相手がFaceTimeでテレビ通話を行った時、iPhoneiPadが同時に鳴り、好きな方で出ることができる。

FaceTimeは連絡先に登録されている電話番号、メールアドレス全てでテレビ電話を試みる仕組みとなっているので、iPhoneを2台持っていて、両方の電話番号を相手の連絡先に登録しておいてもらえれば、2台のiPhoneのどちらでもテレビ通話を受け付ける事ができる。

FaceTimeを受信しない

FaceTimeを受信したくない時は設定のFaceTimeからオフにすることで受信できなくできる。相手にはiPhoneとは関係ない電話番号へかけた時と同じエラーが表示されるはずである。

迷惑なFaceTime通話を拒否したい

従来の電話やメールのように迷惑電話やメールもあると思う。このようなケースでは、Appleに連絡すれば対応してもらえるそうだ。どんな対応になるかは不明。 もしくはApple IDのメールアドレスとiPhoneの電話番号の両方を変えるという手もあり、こちらの方が手っ取り早いだろう。